この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

レンタルスペースの種類

その種類

今は様々なレンタルスペースがあるが、最も多いのは会議室である。大規模な会議は企業でもそう頻繁に行うわけではないため、机と椅子を多く備えたレンタルスペースの需要が多い。もっとも、会議利用の際は机と椅子の数をチェックすることが必要である。
ほかにも、防音設備があれば音楽室として利用することができる。また、大規模なフロアであれば、立食パーティ、結婚式で使こともできるだろう。このときは、ごみの処分方法をチェックしておく必要がある。また、ケータリングの飲食物の持ち込みと飲食が可能かどうかも調べておこう。
また、こうしたレンタルスペース仲介の亜種として、タクシーを相乗りする相手を探すアプリや車や自転車をシェアするサイトも存在している。

借りるときに気を付けること

レンタルスペースを借りるときには、その条件を調べてから予約手続きをしなくてはならない。ではどんな条件が大切なのだろうか。
まず、そのスペースの規模を調べよう。定員の人数が書いてあっても、その人数分の机と椅子があるとは限らないので注意が必要である。
また、最寄り駅とそこからのアクセスや距離感も大事だ。大きなスペースほど駅から遠い可能性もある。また、立地による音出しなどの条件も気を付けておきたい。
パーティ利用の際は、ケータリングの食べ物を持ち込むことが許されるのかを調べよう。飲食の許可、ごみの放置の許可はスペースによって細かく規定が異なるからだ。
もちろん、設備も調べておく必要がある。会議に必要なプロジェクターなどの機械はあるのだろうか。