レンタルスペース、何を置くか

レンタルスペースって何が置ける?

レンタルスペース、どう使い何を置くか

現在、都内には1000か所以上のレンタルスペースが存在している。これは、ただ所有しているだけで常に利用しているわけではない一室を、時間と日付を決めて他者にレンタルすることで、一定の利潤を稼ぐというビジネススタイルである。イメージはカラオケルームに近く、様々な場所の様々な部屋を貸し借りできる。

レンタルスペース

レンタルスペースと言うビジネスが日本に上陸して久しい。これは、スペースを保有しているが使用していない者が、使用を望む利用者に日時を決めてそのスペースをレンタルするというビジネスで、たいていの場合専門の予約サイトを仲介して行われる。
サイトに登録し一定の手数料を収めることで、利用者と保有者は直接交渉せずともマッチングし、取引を行うことができる。利用料金もたいていの場合振り込みで処理され、スペースのカギも利用者どうして順番に受け渡していくケースが多い。
レンタルスペースをどのように利用するかも人によりけりで、ケースバイケースである。会議に使う場合、防音室として楽器練習に使う場合、そしてパーティや結婚式の2次会などのレセプションルームとして使う場合もある。いずれにしても、レンタルスペースの条件をしっかり確かめてから利用しよう。最寄駅からの距離とアクセス、スペースの規模と定員、そして設備だ。設備や機材、特に机と椅子の数は重要だ。また、ゴミを持ち帰らなくてはいけないのか、原状復帰は必要か、飲食は可能か、といった条件も、使用用途によっては気になるだろう。
また、レンタルスペースをトランクルームとして、何かを保存するために利用することも増えてきている。温度と湿度を一定にすることができるスペースなら、趣味のコレクションや楽器、増えすぎた家具、季節でしか使わない大型のレジャー道具などを保存して於ける。だがスペースによって取り出せる時期に制限があることもあるので気を付けよう。

レンタルスペースの種類

レンタルスペースには様々な種類がある。立地や規模感もともかく、そこに備え付けられている設備や機材も、パソコンやプロジェクター、ホワイトボードやピアノ、防音装備、机といすなど様々である。よって、その機材によって様々な用途に使えるという利点があるのだ。

レンタルスペースには何を置くか

レンタルスペースを倉庫として利用する利用法も多く見られる。この場合、時間貸ではなく、より長いスパンでスペースを借りる必要があるだろう。では、何を置いておくことができ、何を置いておくことが許されないのであろうか。このページでは、その一般的な使い方について見ていくこととする。